· 

十三夜の月を愛でて収穫に感謝

今年(2020年)の【十三夜】は、10月29日。

【十五夜】は中国から伝わった風習ですが、【十三夜】は日本独自の風習。

稲の収穫時期を終える時期にも重なり、収穫に感謝しながらお月様を愛でて過ごす。

その昔、栗や豆をお供えしたことから『栗名月』『豆名月』とも呼ぶ。
地域によっては、中秋の名月の後なので『後の月』『小麦の名月』とも呼ばれたりもする。

かつては、【十五夜】【十三夜】も月を愛で宴を催す風習だったので、どちらか一方のお月見だけをすることは『方見月』と言って、縁起の悪いものとされた。

こどもの頃から、両方のお月見をして育ったので、近頃【十三夜】が忘れ去られている気がして、寂しい。

今年(2020年)は、COVID-19の影響もあり、家族で食卓を囲む機会が増えていますね。
こんな時だからこそ、夜空を見上げてお月様を愛でてみませんか。

★十五夜についてはこちらから★
https://www.minthouse.org/otsukimi-2/

※古くから伝わる行事や慣習は、諸説あります。こちらに載せているのは、その一部になります。