· 

イギリスで習ったヴィクトリアンケーキのレシピ♪

昔のノートから、30年前にイギリス西部サマセットにあるバースBathに滞在したに教えていただいた、ヴィクトリアンケーキのレシピ(ヴィクトリンサンドウィッチ)memoを発見!

E110

S110

B110
F
110

BP15

これだけの、メモ!

今までも、何度かヴィクトリアンケーキ焼いているのですが今回はこのメモを元に、焼いてみました!

昔からのレシピは、素朴でとても懐かしいお味がします。

是非、お試しを♪

recipe  イギリス仕込みのヴィクトリアンケーキ

材 料15cm又は18cmラウンド型)

 

薄力粉・・・・・・・・・ 110g

ベーキングパウダー ・・・小匙2・1/

バター・・・・・・・・・ 110g

てんさい糖・・・・・・・ 110g

卵・・・・・・・・・・・ 2個

牛乳・・・・・・・・・・ 50cc

型に塗るオイル・・・ ・・少々

ジャム・・・・・・・・・ 大匙4

溶けにくい粉糖・・・・・ 少々

*お手持ちの卵で、最も110g近いものを♪

*同じサイズの型が二つあったら二つ使うと良い♪

作り方

①オーブンは180℃に予熱する。型の内側にオイルを塗る。薄力粉・ベーキングパウダーを合わせてふるう。
②室温に戻したバターを、泡だて器でクリーム状にし、砂糖を3回に分けて加え混ぜる。
③②に割りほぐした卵を加え、むらがなくなるまで混ぜ、ふるった粉類を2回に分けて加え、スパチュラで

さっくりと混ぜる。

④③に牛乳を加えて手早く混ぜ、型に流す。型に入れたら型をトントンし、生地の表面を平らにならす。
⑤オーブンに入れ3540分焼く。竹串を挿しても生地がついてこなければOK

 粗熱が取れたら周囲に竹串を入れて、型から外し、金網台に出して冷ます。

⑥横に二等分にナイフを入れ、お好みのジャムを塗り、仕上げに溶けにくい粉糖をふるう。

*型が二つある場合は、生地を半分に分けて、2530分焼く♪

今回はジャムではなく、マスカルポーネでクリームを作り間に入れました!
お好みのジャムをたっぷりぬって、サンドしてお楽しみくださいね!

ヴィクトリンケーキの名前の由来

ヴィクトリン女王とアルバート公は仲のよいことは、有名ですが、186142歳の若さでアルバート公が他界。

悲しみを癒すために過ごしたワイト島の別邸で、ティーパーティーの時に出されたこの素朴なケーキをヴィクトリアン女王がとても気に入った事から、この名前がついた。
女王の心を慰めたat homeなケーキは、イギリス中に広まり、現在でもティータイムのケーキの定番とな
る。