· 

赤しそジュースを作って夏バテ知らず!

6~7月が旬の赤紫蘇

この季節には梅干しを漬ける季節でもあり、お見せでも袋入りの赤紫蘇に出会えます。
昔から、食用はもちろん、漢方薬にも用いられた赤紫蘇
今年の夏は、赤紫蘇ジュースでのり切りませんか?

赤紫蘇ジュースで夏も美しく♪

材 料(市販の赤紫蘇一袋が基準)

赤しそ             300g
                    2
砂糖                 500g
レモン汁          50cc

(市販のレモン果汁でもOK!ただし、オーガニック)

*クエン酸やお酢を使ってもできますが、仕上がりの色がレモンが一番キレイな気がします。

作り方

①たっぷりの水で、3回ほど水をかえて泥や汚れを葉を破らないようにキレイに洗い、ざるに上げて水を切る。
 (大きな枝があったら切って取り除く。)
②大きめのお鍋に水を沸騰させ赤しそをいれ、葉が緑色になるまで茹でる。(34分で色が変わる)
 茹でた赤しそを茹で汁ごと、ボウルで受けたざるにあげる。
③ざるに上げた赤しそが冷めたら軽く手で搾り、搾り汁もボウルでうけ、ボウルにたまった汁を鍋にもどす。
④鍋に砂糖を加え煮溶かし、粗熱が取れたらレモンの搾り汁を加える。冷ましてから保存容器に移し、冷蔵庫で保存する。

*砂糖は基準になる量なので、お好みの量をさがしてみてください。

*水又は炭酸・お酒などで34倍で割ってお楽しみください。

今年は、いつもより多めに紫蘇を購入したので、準備していたボトルが足りなくなってしまいました!

写真のほかにもまだあり、そちらはお裾分けようのボトルに注ぎました。

効能

ビタミンB1・B2・C・E、鉄分、カルシウムなど

特に!

α―リノレン酸:体内でEPADHAに変換される働きがあり、とても大切な脂肪酸!
アントシアニン:疲労回復力、デトックス、食欲増進、ダイエット、美肌効果
夏を乗り切るにはなくてはならない存在のような気がします。

夏になると、4倍くらいに氷水で薄めて、持ち歩くようにしてから、夏バテはしなくなりました。
お客様にも、炭酸で割ってお出しいています。
そして、夜にはアルコールを加えて楽しんだりも!
今が旬!

店頭でお見掛けしたら、赤紫蘇ジュースの効能を思い出してみてください。