· 

クリスマスのオーナメント♪

ハロウィンが終わると同時に、クリスマスへ

クリスマスツリーを飾る作業は、何よりも心ときめきます。

クリスマスオーナメントを集め始めて30年と少し!

アンティークマーケット、海外のお土産、露店、雑貨店・・・

運命の糸をたぐりよせて、ミントハウスへやってきます。

ペーパーでできたネズミさんは、ロンドンのガーデニング屋さんで出合い

小さなガラスオーナメントたちは、ドイツで♪

お対の鳩は、映画ホームアローン好きの息子のために、ニューヨーク5番街の「FAOシュワルツ」で♪

一つ一つオーナメントを手に取ると、購入した頃のできごとが走馬灯のように過ぎて行きます。

一番多くを占めているのは、ウィーンのPeter Priess/ピータープリース手工芸社の作品。

ひとつひと丁寧に手作りされています。

ピーターさんの工房のガラスのオーナメントは、吹きガラスなので大きさも微妙に異なり、絵柄も手描きなので、職人さんによって出来上がりも異なります。

出来上がりも繊細で、芸術品の域に入るものと感じます。

今年のクリスマスは、何をポイントに飾りましょうか。

想いを馳せる時からクリスマスは始まっているように感じます。