· 

七草粥を食べる♪

17日は、人日(じんじつ)の節句

一年の無病息災や立身出世を願って「七草粥」をいただく日です。
近くのスーパーでは、神奈川産と愛知産の「七草粥セット」がスポット商品として、山積みにされていました。

♪せり/なずな、ごぎょう/はこべら/ほとけのざ、すずな/すずしろ、春の七草♪

こんなふうに、歌で春の七草を覚えた記憶があります。
昨年の暮れからお正月までの疲れた胃を休めるには、「七草粥」はちょうど良いタイミングな気がします。

「人日(じんじつ)の節句」の名前の由来

中国では、正月1日から鶏、狗、猪、羊、牛、馬の順に獣畜の占いをし、7日には人の吉凶を占う習慣がありました!!

 

そのために、7日は「人日」と呼ばれ、五節句の一つになっています。

晴れたら吉、雨だったら凶とされ、邪気を祓うために七草を入れた羹(汁物)をいただく習慣があり、それが日本に伝わり、無病息災を祈る習慣に変わったようです。

「七草粥」の効能

せり:消化を助けて、黄疸をなくす。食欲増進。

なずな(ぺんぺん草):視力や五臓に良い

ごぎょう(母子草):吐き気や痰、熱を下げるのに効く。草餅の元祖。

はこべら:歯茎や排尿に良い、腹痛の薬。

ほとけのざ(たびらこ):歯痛に効き、食物繊維が豊富。

すずな(蕪):消化やしもやけ、そばかすに良い

すじすろ(大根):胃や咳、神経痛に効く。

15日「小寒」になり、本格的な冬。

七草粥を食べて、ホッコリ温まりたいですね。