· 

上巳の節句・桃の節句・ひな祭りについて♪

上巳(じょうし)は、五節句の一つ。

旧暦の33日は桃の花は咲く季節で、宮中で桃に花を浮かべた桃酒を飲んだことから、『桃の節句』とも言われます。

桃の木は悪魔を祓うとされ、桃の枝で作った弓矢を持って、悪魔祓いをする神楽もあります。
また、桃の葉を乾燥させて薬としていることもあります。

一般的には『桃の節句』又は『ひな祭り』の方が馴染んでいますね。

古代中国では、旧暦の3月の最初の巳の日に体のケガレを紙人形に背負わせて、船に乗せて川に流す風習があった。

 

その風習が日本に伝わり、平安時代には宮中で『上巳の祓い』という行事が行われるようになったそうです。

雛人形を飾る習慣は、室町時代から上流階級を中心を広まり、現在の雛飾りのようになったのは、江戸時代のようです。

 

『上巳の節句』の食べもの

菱餅

下から、緑・白・赤(ピンク)で、これには意味がある。

緑 : 春になると顔を出す蓬や大地、健康や長寿

白 : 雪、清浄

赤 : 桃、魔除け

※雛あられも同じ色が使われている。意味は同じ!

はまぐり

蛤の貝は、同じものが2枚合わさっているため、他の貝とは絶対に合わない。

これが、良いご縁を表し、縁起物とされる。

平安時代には、貝合わせをして遊んだ。

甘酒

中国では、桃は邪気を祓う木としてつたえられ、桃の花を浸したお酒を33日に飲むと百病を除くといわれ、この風習が日本に伝わり『桃花酒』が好まれた。

 

一般的でなかったために、江戸時代から代わりに、『白酒』が飲まれるようになった。

ちらし寿司

やはり、ひな祭りと言えば『ちらし寿司と蛤のお吸い物』の組み合わせ。

 

ちらし寿司の具は、蓮根や海老が縁起物として、良く使われる。

我が家は、息子なので立派な雛壇は飾らないのですが、小さなお雛様を家のアチコチに飾って楽しんでいます。

 

ひな祭りが終わったら、お片付けもお忘れなく!