· 

半夏生に蛸を食べる♪

今年の半夏生/はんげしょう」は、72日から!

 

「半夏生」とは、二十四節気以外の以外の季節を示す、雑節の一つ。

「雑節」には、節分・八十八夜・入梅・・・など。

太陽の黄経が100°に達するときで、夏至から11日目(71日か2日)から5日間。

 

ご近所のスーーでも半夏生日は、お魚コーナーで「半夏生はタコを食べる日」と蛸が特別扱いとなります。

もちろん、我が家もタコです!

「キュウリのガスパチョ」タコとホタテとキュウリのマリネ」で、前菜仕立てに!

アメリカ製のスナックセットに盛り付けました。

なぜ、タコを「半夏生」に???

季節はちょうど田植えの季節でもあり、梅雨時。

雨が多すぎても、土が流されたりすることもある季節。

稲の根がタコの足のように、四方八方に伸びてしっかり根付くように!

また、稲穂がタコの吸盤のように、立派に実りますように!

そんな、願いがこめられていました。

私たちの暮らす日本は、四季ある国。

季節の変化や農作業と深く深く関わった、慣習がたくさんあります。

自然と無関係でいられないはことを、慣習と共に日本人の心も未来へつなげていきたいですね。

※古くから伝わる行事や慣習は、諸説あります。

こちらに載せているのは、その一部になります。

使っている食器はこちらから

★アメリカ製スナックセット