· 

端午の節句について子どもに伝えたい意味!

55日は『端午の節句』

古代中国では薬草を採取する採薬行事の日で、毒気を祓うものとして菖蒲(しょうぶ)を家や頭に挿したりして邪気や災厄を祓ったことに由来。

日本でも菖蒲は、鬼を追い払うという事で、家の軒に葺いたり、お風呂に入れたりした。

 

朝廷では農耕予祝儀礼の端午の節会として採用される。

中世日本で、菖蒲が「武事を重んじること」に通じる事から、武家の行事として盛んになり、男の子の節句となっていく。江戸時代に入り、民間の行事としてもより盛んになって行く。

『端午の節句』の食べ物

代表的なものは、やはり「粽」「柏餅」

 

粽(ちまき)

中国の汨羅(べきら)川に身を投げて自殺した屈原(くげん)の故事に由来するもので、命日の55日に楝樹(れんじゅ)の葉に餅米を包み、邪気を祓う五色の糸で縛って川へ流して供養した。

こうして、55日に粽を作って災いを除ける風習が『端午の節句』となった。

 また、粽に結んだ赤・青・黄・白・黒の五色の糸は、子どもが無事に育つようと魔除けの意味が込められ、鯉のぼりの吹き流しの色に反映される。

柏餅

 柏は、昔から神聖な木とされ、柏の木に神が宿っていることから「拍手を打つ」という言葉が生まれた。

柏の木は、新しい芽が出るまで古い葉が落ちない事から、家系が途絶えないという子孫繁栄の意味が込められている。

柏餅には、葉の表を外向けに巻いているものと、裏を外向けに巻いているものがある。

この違いは、お餅の中の餡の違いを表していて、小豆あんは柏の表を外向けに、味噌あんは柏の裏を外向けに巻いてある。

このような、葉で食べ物を包む習慣は、季節感と共に、日本の食文化としても大切な表現方法の一つだと感じます

海老

腰の曲がった見た目から、海の老人で「海老」と書くように、海老には長寿の意味がこめられた縁起物となる。

これはカツオを「勝つ男」にかけている

成長も早く、真っ直ぐに天を突くように伸びる事から、端午の節句では欠かせない食材

「めでたい」の「たい」との語呂合わせで有名。昔からお祝いの席には欠かせない食材

菖蒲湯

中国から由来

菖蒲湯に浸かる習慣は

江戸時代からと言われていますが、

端午の節句や武士の出陣前に武運長久を願って

浸かったことが起源とも言われています。

(菖蒲=勝負・尚武)

・血行促進

・腰痛

・神経痛

・冷え性

・筋肉痛

・リュウマチ

・肩こり

・リラックス効果